明るい住宅にするために

太陽の光が入る住宅にする

窓が少ないことが原因で、いつでも暗い住宅になってしまった人がいます。
注文住宅にすれば、どこに窓を付けるのかも自分で決めることができます。
明るい室内にしたいのであれば、窓をたくさん取り付けるのがおすすめの方法です。
また太陽の位置にも注目しましょう。
住宅の立地条件によって、どこから太陽が入ってくるのか変わります。
昼間にたくさん差し込んでくる方角を知ってから、窓の位置を決めましょう。

明るい室内になれば、昼間は電気を点けなくても生活を送ることができます。
電気代の節約にも関係するので、真剣に考えてください。
キッチンに窓がなくて、暗いと感じる人が多いです。
忘れずに、キッチンにもいくつか窓を備えておきましょう。

洗濯物を干す位置を考える

ベランダに、洗濯物を干そうと考えている人がいるでしょう。
その場合は風通しが良くなるよう、窓の位置を考えてください。
洗濯物を乾かすためには日当たりの良さが重要ですが、それ以外にも風がとても大切です。
風の通り道がないと、洗濯物が乾きません。
特に冬場は、湿気が籠りやすいので風邪通りを良くする意識を持ってください。

ベランダに窓が少ないことが原因で、なかなか洗濯物が乾かないことがあります。
どこで洗濯物を干すのか考えて、ふさわしい位置に窓を取り付けましょう。
ちゃんと風の通り道があるベランダになれば、短時間で洗濯物が乾きます。
窓の配置を間違えると、乾燥機などの家電を使って乾かす必要がありますが、余計な出費になります。


このPostをシェアする