注文住宅を建設する時のコツ

室内が狭すぎるトラブル

収納スペースをたくさん作ることを意識しすぎると、室内がどんどん狭くなるので気をつけてください。
また荷物の量がそれほど多くないのに収納スペースを増やすと、無駄なスペースが生まれます。
自分たちが生活を送るスペースが狭くならないように、必要な広さを考えてください。
荷物がどれぐらいあるのかも、事前に考えることが重要です。

これから生活を送っていく時に、荷物が増える可能性があります。
そのことも踏まえながら、収納スペースの数や広さうぃ決めましょう。
たくさんの荷物を収容できる住宅になるのは良いですが、リビングが狭いと心と身体をゆっくり休めることができません。
新しい住居が、ストレスの溜まる環境になってしまいます。

屋根裏部屋を作る際の注意点

収納スペースを増やすために、屋根裏部屋を作る人が見られます。
リビングなど他の部屋を狭くする心配がないので、注文住宅を作る時におすすめされています。
ですが屋根裏部屋にたくさんの荷物を収容した時は、荷物を持ってくるのが大変になります。
はしごを上ったり下りたりしないといけないので、だんだん荷物を置くのが面倒に感じる可能性があります。

すると、屋根裏部屋を使わなくなってしまいます。
その辺に荷物を置くようになるので、部屋が狭くなったり汚くなったりします。
屋根裏部屋を作るとオシャレ感も増しますが、本当に使うのか考えてください。
最初しか使わなかったので、作ったことを後悔している人も見られます。
事例を見て、必要か考えましょう。


このPostをシェアする